海ぶどう

海ぶどう

海ぶどうとは?

「海ぶどう」は、沖縄の海に繁殖する海藻の一種です。
茎に小さな粒が「ブドウ」のようについついるので、そう呼ばれています。
「グリーンキャビア」とも呼ばれるときもありますが、和名「くびれづた」と言い、熱帯、亜熱帯 に分布していますが、沖縄県で陸上養殖が初めてです。

商品特徴

沖縄県産「海ぶどう」を養生水槽から取り出し「フレッシュ」加工しています。
「フレッシュ」加工とはつきましては、、食感を一番に考え(生)海ぶどうを生きたまま 塩水に入れて直ぐ商品にしています。よってプチプチの食感が(生)海ぶどうとあまり変わらいように工夫しています。
原材料も沖縄産・国産を使用し完全・安心をもっとうに製造・販売をしています。
食べ方についても水ですすぎ、ボールに水を溜め「2分~3分」程度の簡単作業で 食卓に沖縄の代表する海産物「海ぶどう」が華をそえてくれます
お酒のつまみ・サラダ・手巻き寿司・どんぶりなど色々楽しめ食べきりサイズなので扱いやすいと思います !
組み合わせがいろいろ♪

海ぶどう料理

お召し上がり方

  1. 大き目のボールに水をため、その中に海ぶどうを移し塩抜きの為、約1~2分程度つけておきます。
  2. しだいにプチプチとした海藻に戻ります。
  3. その後、ザルに移し水で軽くゆすいで下さい。
  4. お皿に海ぶどうを盛りつけ出来上がりです。
  5. お好みのドレッシング(ポン酢・わざび醤油)等でお召し上がりください。

注意点

  • 海ぶどうは水に浸けすぎるとプチプチ感がなくなります。
    ずっと浸けていると溶けてなくなってしまします。
  • 冷蔵庫では保存しないで下さい。
    海ぶどうは寒さに弱く冷蔵庫に入れるとしぼんでしまいます。
  • 直接ドレッシングをかけるとしぼんでしまいます。
    ドレッシングは小皿に入れてつけてお召し上がり下さい。
  • 食べる分だけ塩抜きし、残った海ぶどうはチャックをしめて常温で保存します。開封後は早めにお召り下さい。
  • 直射日光、高温多湿を避け、常温(15℃~30℃)で保存して下さい。
海ぶどう100g(生)タレ付き

海ぶどう100g(生)タレ付き

1,080円(税込)

海ぶどう(塩水)50g

海ぶどう(塩水)50g

1,080円(税込)

活海ぶどう-50g

活海ぶどう 50g

540円(税込)